講演会

日本希土類学会第36回講演会
主 催: 日本希土類学会
協 賛: 日本分析化学会・ 日本薬学会・ 電気化学会・ 日本材料学会・
日本セラミックス協会・ 日本金属学会・ 触媒学会・ 日本物理学会・
応用物理学会・ 日本磁気学会・ 粉体粉末冶金協会・ 高分子学会・
日本表面科学会・ 資源・素材学会・ 近畿化学協会・ 石油学会・
日本農芸化学会・ 有機合成化学協会・ 日本油化学会(交渉予定を含む)
日 時: 2018年(平成30年)11月7日(水) 13:30〜
会 場: 両国ビューホテル
〒130-0026 東京都墨田区両国 2-19-1
(交通)
・JR山手線 両国駅下車 徒歩1分
・都営大江戸線 両国駅下車 徒歩7分
講 演: 1.「未定(ISO/TC 298 関連)」
  (新金属協会) 織山 純 氏 (予定)


2.「レーザー加工機用ファラデー回転子と高輝度白色光源用単結晶蛍光体の開発」
  (物質・材料研究機構) 島村 清史 氏
概要:
新しい機能性単結晶材料の開発を目指し研究を進めているが、 本講演では最近の成果であるレーザー加工機用ファラデー回転子と高輝度白色光源用単結晶蛍光体について述べる。 ファラデー回転子としては、産業応用が拡大する高出力レーザー加工機用のTb3(Sc,Lu)2Al3O12単結晶、可視紫外用のCeF3単結晶について、 LED/LD励起の高輝度光源用の蛍光体単結晶としては黄色発光Ce:Y3Al5O12単結晶、緑色発光Ce:Lu3Al5O12単結晶について紹介する。

3.「レアアースの市場動向および今後の課題」
  (双日株式会社) 左藤 富士紀 氏
概要:
2010年に勃発した所謂レアアースショック以降の世界および日本のレアアース市場の需要推移を商社視点で分析するとともに、 中国外レアアース供給源であるLynas社(豪州)の生産推移および今後の計画を概説。 また、EV化やモノの自動化に伴い、レアアース磁石の需要増加が見込まれる中、 主原料として使用されるNd、Dy等の動向と、軽希土、中重希土生産における今後の課題について、需給バランスを元に紹介する。
参加費:
(要旨集込)
2018年(平成30年)10月17日までに支払済みの方
・日本希土類学会
  個人会員:1,000円
  学生会員:無料
  維持会員:無料
・共催協賛学協会会員:7,000円
・学生(学会員外):3,000円
・その他:10,000円

当日支払いの方
参加予約済みでも支払いが完了されていない場合を含む
・日本希土類学会
  個人会員:2,000円
  学生会員:1,000円
  維持会員:無料
・共催協賛学協会会員:8,000円
・学生(学会員外):4,000円
・その他:11,000円
懇親会: 日時:2018年(平成30年)11月7日(水) 17:30より
会場:両国ビューホテル
懇親会費: 予約(2018年(平成30年)10月17日迄に払込済の方):7,000円
当日:8,000円
参加申込締切:
2018年(平成30年)10月17日(水)
支払方法: クレジット決済 または コンビニ支払い
※参加申込み後、別途 e-mail にて届く案内に従い、
期日までにお支払いください。
問合先: 〒565-0871 吹田市山田丘2−1 
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻内 
日本希土類学会事務局
TEL 06-6879-7352 FAX 06-6879-7354
E-mail: 

TOP

.
日本希土類学会事務局
Tel 06-6879-7352
Fax 06-6879-7354
〒565-0871
吹田市山田丘2—1
大阪大学大学院工学研究科
応用化学専攻 今中研究室内